成長する社員の力で、組織の未来を切り開く 〜株式会社ソフィアステージ〜

「安心して働くことのできる場づくり」を実現するための”人材育成と組織活性化”に必要なプランをご提供いたします。
働く皆さんが輝ける職業人生を歩むこと、ES(社員)満足によって組織が発展成長し、ゆるぎない経営が持続することを目指します。
株式会社ソフィアステージ
<< ベトナム/ハノイの日本語研修 | main | ニンビンの賑わい >>
【講義】日本語の授業(ハノイ)?2017.03.15

ハノイの日本語学校で、日本語の授業をする機会をいただきました。


 


こちらが想定したゴールは「学生さんたちが、自分たちの勉強している日本語が、相手に伝わっている」という”自信”をもってもらうことです。


 


そのためには、


1.難しい言葉を説明したり、知らない言葉ばかりが続かないようにすること


2.なるべく学生たちが、話す機会となること


3.全員の声をひとりひとり聞くこと


です。


 


 


(1)次の内容を紙に書いてもらいました。


  1.  名前


 2.出身


 3.趣味


 4.将来の夢


 


(2)文字のチェック


 日本語を正しく記載しているか確認


 


(3)発表


 1人、1人発表してもらいました。


 


 「よろしくお願いします」の発音が


「よりょしく」となる学生が数名いましたが


「ろ」は、発音が難しいようですね。


舌を少し丸めるイメージが難しいのかもしれません。


 


画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、室内


とにかく一生懸命。「歌手になりたい」と発表した女子学生さんは、わからないことがあれば積極的に質問してきます。


 


「あとで聞こう」では、結局あとで聞けずにいることも多いように思います。


わからないことは、すぐに質問して解決する。当たり前のようで、実際には難しいことかもしれません。


 


まっすぐに、絶対に知りたい、聴きたい、もっと日本語を上手になりたいという意思、気持ちの強さに圧倒されながらも


この気持ちの強さが、こちら側の”教えることの情熱”を引き出すのかもしれません。


 


熱い夜はつづきます。


--------------------------------------------------------
活き活き社員で組織力アップ!
ソフィアステージ社労士事務所
大阪市中央区内本町2−1−19
HP:ソフィアステージ社労士事務所
HP:株式会社ソフィアステージ
法人ブログ:研修・セミナー・コンサルティング



-----
| 06.海外人財 | - | - |
+ MOBILE
qrcode
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE