成長する社員の力で、組織の未来を切り開く 〜株式会社ソフィアステージ〜

「安心して働くことのできる場づくり」を実現するための”人材育成と組織活性化”に必要なプランをご提供いたします。
働く皆さんが輝ける職業人生を歩むこと、ES(社員)満足によって組織が発展成長し、ゆるぎない経営が持続することを目指します。
株式会社ソフィアステージ
<< ナムディンの看護大学 | main | 2017.03.30_介護施設向け接遇マナー研修 >>
【講義】日本語の授業(ハノイ)?2017.03.17

ハノイ市内の日本語学校を見学、授業をする機会をいただきました。


 


「会話練習」と書かれた黒板。


 


初めに、彼らの模擬授業を見学しました。


ペアの会話練習では、それぞれが名乗り、テンポよく会話が続きます。


 


ベトナム人教師が、生徒を一人ずつ当てて答える、というようなデモンストレーションは、全体的に早口で、何度も練習した様子がうかがえます。


 


最後にわたくしが模擬授業をしました。


1)次の内容を紙に書いてもらいました。


  1.  名前


 2.出身


 3.趣味


 4.将来の夢


 


(2)文字のチェック


 日本語を正しく記載しているか確認


 


(3)発表


 1人、1人発表してもらいました。


 


(4)日本の職業紹介


1.日本の子供たちが将来なりたい職業


2.日本にあるめずらしい仕事


3.めずらしい仕事


  ? 鳩よけネットをビルに張る仕事


  ? コーヒーを焙煎する仕事


  ? 花火をつくる仕事


 


花火を見たことがあるか?と質問したところ、全員が「はーい」と声をあげます。


通訳者に聞くと、花火はみんな知っているそうです。




 



 

【閑話休題】

今月3月8日、大手前大学の科目履修生として「日本語教員養成課程」を修了しましたが、実際の授業となると難しいですね。

例えば、資料を「読み上げます」と言う表現。あとから日本語教員のK先生より

「読みます」は理解できても「読み上げます」はまだ理解できないでしょうね、とご指摘頂きました。

ついうっかりですが、日本語教育としての文法を再確認しておかなければ・・・と感じました。

今回の目的は、自信をもって日本語を話してほしい、ということでしたので、わからない表現が続くと

萎縮したり、不安になったりしますよね。まだまだ勉強することは沢山あります。

--------------------------------------------------------
活き活き社員で組織力アップ!
ソフィアステージ社労士事務所
大阪市中央区内本町2−1−19
HP:ソフィアステージ社労士事務所
HP:株式会社ソフィアステージ
法人ブログ:研修・セミナー・コンサルティング


-----
| 06.海外人財 | - | - |
+ MOBILE
qrcode
+ CATEGORIES
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ PROFILE